商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.876
卒アルから、最悪な再会が発覚!

東京都 あらふぉー 35歳
私は高校時代、いわゆるイケてるグループからイジメを受けていました。

当時はギャル・ギャル男が流行っていた時で、彼らも、日サロで肌を焼いたガングロ、メッシュヘアー。男子は腰パン、女子はミニスカ、ルーズソックス。

ガラが悪ければ悪いほど、カースト上位にいるって感じでした。(地元の埼玉だけ?)

一方私は地味キャラで、スカートも長く、髪も黒、体型も太っていて、メイクも一切せずに、アニメ『エヴァンゲリオン』に夢中といういわゆるオタク。

入学式の直後に、中学からの仲良しの友達と「綾波が〜」と盛り上がっていたら、「きっも!!!(笑)」と、ギャル男に言われたのがきっかけで、それ以降嫌がらせが始まりました。

地獄の高校時代を過ごし、その後は、知り合いのいない都内のデザインの専門学校に通いました。そして、その頃からコスプレにハマりだしました。

好きなキャラが、体のラインがよくわかる服装だったので(綾波レイ)、それにになりきれるように、ダイエットを頑張り、メイクも上手くなり、自分で言うのもなんですが、高校時代からは想像もつかないような別人になりました。

その後、服屋で働くようになったんですが、給料をもらっても店の服を買わなければならなかったりで、なかなか貯金ができず、コスプレに思いっきりお金をかけたかった私は夜の仕事も始めました。

そこで、ある男性と恋に落ち、同棲を始めることになったんです。

彼は、ファッションモデルをしているイケメンで、向こうからの熱烈アタックに押される形でデートを重ねるうちに、ファッションやデザインが好きという共通点があって意気投合し、私もどんどん彼のことが好きになっていきました。

そしていざ同棲をしてみて、衝撃の事実が発覚したのです!

彼がある日、卒業アルバムを見せてくれたんですが、なんと、彼は、高校の入園式直後に私に向かって「きっも!!!(笑)」と言ってきた人だったんです!!

あくまでもそれはイジメのきっかけとなった一言で、その後の嫌がらせ自体は彼ではなく周りのギャル・ギャル男達がしてきた事だったんですが、それでも彼は私のやられてることを止めもせず興味なさそうにしていたし、なにより「あいつのせいで!」という恨みと恐怖は忘れたことはなかったんです。

大人になってから再会した彼は落ち着いて別人のようになっていましたが、それでも一気に冷めてしまい別れを告げました。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (0)
    (2)
    (13)
    (5)
■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)