商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.720
場合により、キモくなる客

茨城県 杏樹 20歳
いつもより指名も入り、いい気分で帰った日のお話です。とても面白い話をしたり、あらかじめジュースとスイーツを買ってくれた優しいお客さんがいました。

そんな素敵なお客さんに恵まれていつもよりテンション高めで帰りの電車に乗るために駅に行きました。そしたら女の人の叫び声が聞こえました。

「なんだろう?」と思いつつ帰り道でもあるので近くを通ると「人間としてなにが楽しいの!?」とヒステリックに叫ぶ50代くらいの女性と、その旦那さんと思われる男性が駅員さんを連れてきました。

「非常識がなんかやらかしたんだなぁ」と思いながら加害者をチラッと見ると、なんと私によくしてくれたお客さんだったのです。

お客さんだった人は薄ら笑みを浮かべていて気味が悪かったです。

それを見た女性は「なに笑ってんのよ! 人として恥ずかしくないの?」と叫んでいました。そしてお客さんは駅員さんに事務所と思われる場所に連れていかれました。

彼が何をしたのかは分かりませんが、相手はおばさんだったので痴漢ではないだろうし、ひったくりって感じもしませんでした。多分、わざと足踏んだとかツバ吐いたとかそういう低レベルな嫌がらせなんじゃないかなーって思います。

人間って本当に分からないものだな、と実感した出来事でした。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (7)
    (4)
    (14)
    (34)
■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)