商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.684
通常コーヒー缶、イクときペットボトル客との一戦

東京都 ミント 27歳
この前、ここの掲示板でアソコの太い客の話題を見たので、私の体験談を送りますね。

その客はフリーの新規。選べるパネルの中から、店長の勧めなどで私を選んでくれたのでした。

いざプレイとなると、目が飛び出ました。アソコが超ぶっとい! 通常時でコーヒー缶です。私の表情の変化に気づいたのか、彼は言いました。

「気づいた? オレ、これで彼女もできなくて。風俗に来てるんだ。でも、無理なら大丈夫だから(笑)」

ほほえみが悲しすぎる〜! でも、これが勃起したらどうなるんだ? と思うと恐怖です。なんて思いつつも、ひとまず即尺で一発。あご疲れました。太さはペットボトル級です。

次にベッドですが、やっぱり普通じゃムリでした。私が痛くて。でも、彼の顔があまりにしょんぼりしているので、私もかわいそうになり、「よし!」とマットでヌメヌメになればイケるかもと、浴室へ。

こうなったら私も本気で興奮しないと無理だと思い、お客さんに指示して私の気持ちいとこを攻めさせて攻めさせて、でもそんなことやってるとなかなかこっちは興奮しないんですよね〜。

しかしながら、どうにかはなりそうなので、頭の中でありとあらゆるエロいことを考え、客に攻められながら受け入れ態勢を整え、客にも「大丈夫そうだったらちょっとずつ来て!」とか指示し、「待って待って、ゆっくり!」なんて止めたりもして(笑)。

ついに、やりました! でも、すでに終了時間間近で客的にはとりあえずイッとこうという感じで発射。そんなプレイでしたが、かなり感謝されました。

お見送りした後、珍しく店長が部屋にコールしてきて「今のお客様、どうでしたか?」と聞くので、「めちゃくちゃ太くてびっくりしました!」と率直に答えました。

すると店長は「アンケートすごくよかったですよ! オレね、お客様が写真選んでるときに悩みを聞いて、ミントさんなら大丈夫だと思って勧めたんですよ!」とご満悦でした。

いやいやおい、それって私がガバガバってことかい! とは心の中でツッコミましたが、このお客さん、今もときどき来てくれてます。ほかの子にもチャレンジしてるけど、最後までイケないことが多いみたいです。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (57)
    (13)
    (41)
    (13)
■ この投稿に寄せられた感想
らぶぼにーた編集部

お疲れ様です(^_^;) 案内の店員さんが女の子のことを把握してるって大事ですよね。体験談が掲載されたミントさんには商品券を贈ります! これムリ! だけどやったった! ってお客さんの話、聞かせてください。

■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)