商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.668
ある意味、一番怖い客

東京都 タンタン 24歳
個室待機で暇してたら、その日やっと1本目のコール。フリーの新規です。お出迎えに行くと、見た目は普通なんですが、やたら「んま○こ!」とか「ちんこ!」とかつぶやいてて、危ない感じ。

案内のボーイに目配せしても、なんか気まずそうにしてるだけで、そのうち「お時間までごゆっくり行ってらっしゃいませぇ!」で送り出されてしまいました……。

個室に入ってまずは何か会話しようと思ったんですが、その客は「おねーさん、早く、俺勃起、俺勃起」と言ってチンコを露出。フル勃起です。その間も客は「ま○こちんこま○こちんこ……」とかつぶやいてて気持ち悪いことこの上なし。

即尺した途端「ヒュー!」と叫んで、「キモイイイーーーー!!」ホント、こいつ絶対ヤバイという感じでした。

マ○トでは「ア○ル!ア○ル!」と突き出され、いつもはちょろっとしかしないですが、怖いのでたくさん舐めました(泣)。

ベッドでは後ろから犯されるようなプレイ。「あ゛〜〜〜〜〜きもち〜きもち〜あ゛〜〜〜〜〜」とか乱暴に腰を動かされました。

お時間が近づき体を流してタオルで拭いていると、客は急に「怖かった?」と普通の口調でニヤニヤ。

そうなんです。この客、わざとヤバイ客を演じていたんです。後で考えてみれば、ヤバイ感じなのにゴム付けるときは妙におとなしかったんですよね。

気まずそうにしてたボーイには、こういうプレイしたいからと伝えてあって、それで暇な私が選ばれたみたい。

暇で客は欲しいけど、こんな客ならいらねーよ。怖くて必要以上にサービスしちゃったし。不信感でいっぱいになって、その日のうちにやめました。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (57)
    (20)
    (25)
    (38)
■ この投稿に寄せられた感想
らぶぼにーた編集部

最悪の部類に入る客ですね。ため息でました。タンタンさんには商品券を贈ります! みなさんも最悪客の話、ぜひ教えてください。

■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)