商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.557
彼だけいてくれたらそれでいい、なんてない

東京都 アッコ 21歳
まだソープにデビューしたての頃でした。彼氏は同じ大学の大学生。仕事を知られたらマズいと思い、アルバイトを掛け持ちしているので忙しい、と言っておきました。

ある日の事、彼氏の友人に「これって君だよね?」と、なんとお店のHPが印刷された紙を渡されたのです。口元を隠してありましたが、私は目元に泣きぼくろがあったので、それで確信されたみたいです。

「えー! 違いますよー!」

「だってほくろが!!」

このやり取りを何回かして、ついに根負けした私はソープで働いている事をカミングアウトしました。

そうしたら「彼氏にバレたく無ければ、俺とセックスしてくれ!!」

仕方なしにラブホでセックスを一回しました。これがお客さんなら金がとれるのに……と思いながら。それからドンドンつけあがって、セックスを求めてくるので、お店を変える事にしました。

「もう、ソープ辞めたから」

そう彼に言って、これで周囲にバレても過去に風俗で働いていた、ぐらいの噂しか立たないだろうと思っていました。そして新しいお店にも馴染んだ頃。なんとこの彼がお客様として来店!! なんでも都内のソープの店サイトをくまなく探したんだとか……。その粘着力を他に活かしてもらいたいものです。

「俺、お前の事が好きなんだよ!!」

そういってシャワーなどもすっ飛ばして押し倒されて、本番。

「他の男に抱かれていてもいいから、俺の彼女になって下さい!!」

そう言って、ピンキーリングを差し出してきました。ちょうど、彼氏とすれ違いの状況だったので、ま、風俗していても彼女にしてくれるならいいか、と承諾しました。セックスも彼氏より上手いし、顔もイケメンだったですし。

彼氏とは別れて、この彼と付き合う事になりました。

そこでやっぱり上手くいかなかったというか、普通のデートはほとんど無しで、すぐにラブホに行くだけの関係。そして、やはり私が風俗をしている事に対して嫉妬心が沸き上がって来たようで、あろうことか、女友達に私がソープ嬢だと言う事を話してしまったんです。

で、周囲から友達がいなくなり、いるのは粘着質の彼。

この後どうすればいいんでしょうかね……。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (59)
    (24)
    (23)
    (39)
■ この投稿に寄せられた感想
らぶぼにーた編集部

粘着な人に弱みを握られたらホントに恐ろしいですね。なんだか、かける言葉が見つかりません……。みなさんも、最悪な彼氏ネタ、教えてください。体験談が掲載されたアッコさんには商品券を贈ります。

匿名さん

安くさせてくれる女だって見られたからだよ。

No Title

うん。 安くさせてくれる女と思われているだけ。 粘着質だろうがなんだろうがきっぱり別れること。 親にいうとか彼氏にいうとか脅されようがもういいと思って別れること。 会ったらすぐにラブホなんてタダの娼婦と思われている証拠だよ。 心強くしてさっさと別れなさい!!

No Title

その男から逃げてください。

No Title

ソープで働いてるのがバレて友達がいなくなるってのが切ない…私の友達は「人は人」って割りきってくれて干渉してきたりしません。(本音はわからないけど)この状態で彼から離れるのは大変そうだし、色々葛藤がありそうですねΣ(ノд<)

No Title

ソープで働いてるのがバレて友達がいなくなるってのが切ない…私の友達は「人は人」って割りきってくれて干渉してきたりしません。(本音はわからないけど)この状態で彼から離れるのは大変そうだし、色々葛藤がありそうですねΣ(ノд<)

No Title

バカだねぇ〜どうしようもないね やっすい女、としか…

No Title

えっソープ嬢って娼婦でしょ

No Title

自業自得だろ、馬鹿女。

No Title

それはね、 セフレって言うんだよ&#127926;

■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)