商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.530
ある意味、AV業界の伝説嬢

神奈川県 たま 31歳
私は高卒で、就職のときに正社員で採用してくれる会社に入ったのですが、そこがなんとAVを制作していたんです……。私が任された仕事はモザイク。アソコの生映像をチェックしながら、延々とモザイクをかけていく地獄のような作業です。

最初は社会人1年生ということで真面目に働いていましたが、私もまわりも1日ずっと生のAVを見ているものですから、感覚が麻痺していくんです。作業してるとなんだか、アソコが悶々するし、やっちゃってもいいかな〜、的な。

トイレでのオナニーは数知れず、残業中に会社で男性社員とセックスしてしまったこともあります。スッキリした後はまたモザイクかけをがんばるという……(笑)。そんな仕事に慣れてきたら、私はちょっとずつモザイクにアレンジを加えるようになりました。

大きなきっかけはすごくキレイなアソコの子の生AVを見たときです。「この子のアソコ、キレイだな〜。これだったら見せちゃってもいいんじゃない?」的な。で、いつもよりかなり薄いモザイクにしたら、それが審査に通っちゃったんですよ。

その作品は超ヒットして、私はなんと社長賞をもらいました! それが実は、AV全体のモザイクが薄くなったきっかけなんです! そんな、高卒女のイタズラ心がモザイクの度合いを左右していた時代は過ぎて、今じゃモザイクの作業は人件費の安い海外に発注ですからね〜。

あんな仕事でも、正社員での就職先がなかなか見つからなかった私にはありがたい職業だったのに……。今の高校生就職率がピンチなのは、こういった微妙な産業まで空洞化しているかもしれませんね。

ちなみに私は、この会社にいたのがきっかけでHなことへの興味が増大し、掛け持ちでヘルスでバイト。すると昼職の給料がバカバカしくなって、流れ流れて今じゃ本職ソープ嬢です。AV経験もあり! 前にいた会社から出たわけじゃないですよ(笑)。

そんな私からひと言。将来、かたぎの生活をしたいと思っている人は、AVなんて出るもんじゃありません。映像が流出しないわけないですから! 私もどれだけ後悔したことか……。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (63)
    (69)
    (86)
    (22)
■ この投稿に寄せられた感想
らぶぼにーた編集部

AVのモザイク処理、最近は海外でやってるんですか! 初耳でした。セキュリティーはしっかりしてるんでしょうか……(汗)。体験談が掲載された、たまさんには商品券を贈ります! みなさんも、プライベートやお仕事での体験、教えてください!

■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)