商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.504
00年代の風俗キャリアは2010年、最悪に終わった

東京都 さくら ??歳
2010年師走。あわただしいこの季節、私は店を飛びました……。なぜなら客のしつこさと店の社長の頭の悪さが頭にきたのです。

初めてそのお客様に付いたのはさかのぼること10年前。彼は印刷関係の仕事をしているしょぼいじじいで、そこそこ、まぁしつこくないし、週2回はお土産を持って通ってくる良いお客様でした。

その関係が2年ほど続き、彼が社長の知り合いとゆうこともあり、私は社長に言われて仕事後、別の女の子も入れてお客様と店外でお食事をする関係になりました。でも、私はプライベートをお客様に知られるのが嫌で、最寄り駅や私生活、携帯番号など教えませんでした。

それなのに、社長はベラベラと「さくらには子供がいるよ」とか話したらしいのです……。私は、この社長とも腐れ縁というか、店名を変えつつ10年間、社長が経営する店に在籍してきました。

そもそも、19歳で入店してから社長とは愛人関係になって、やるたびに2〜3万もらったり、海外旅行に連れて行ってもらったりしましたが、社長の部屋でやっていたらそれを知った店の女の子が手首を切ったなんていう悪い思い出も……。

もちろんその子は病院に連れて行ってケアしましたが、社長は逃げ出しました。私が一番稼いでいたのはこの頃で、店には昼出勤して夜はキャバ嬢をしてたんです。でも、冒頭で語ったように最悪の年末を迎えた2010年は、1日1万くらいという最低の稼ぎ……。

扁桃腺が腫れて休んでると、携帯に見知らぬ着信が。なんと前述のお客様からの、30回以上の着信と入れられるだけの留守電でした……。社長を問い詰めると、やはり教えたとのこと(怒)。

「この御時世、太客なんだから携帯番号くらい教えていいだろう? どうせ仕事用なんだし」

はぁ…? 私が文句を言うと、社長は「あいつは俺の友達だから大丈夫」って、何の根拠だよ。ソッコー仕事用携帯を解約し、店の私物(仕事用スーツやワンピ、靴やミュールやアクセサリー、コートなど)は泣く泣く諦めて、友達の店に入店しました。

子供がいてクリスマスや正月で金が必要だったのに、本当に散々です。ちなみに、2011年は公務員と結婚することが決まっているので、今回のようなことが二度と起きないよう、人間関係には気をつけたいです。

でも、借金返済がまだなので仕事は続けます。お金は裏切りません。みなさんも、社長や太客との関係はくれぐれも気をつけてください。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (22)
    (53)
    (21)
    (22)
■ この投稿に寄せられた感想
らぶぼにーた編集部

お金は裏切りません、という言葉がとても印象的! 体験談が掲載された、さくらさんには商品券をお贈りします! みなさんも従業員やお客さんとのトラブルや逆にいい話など、珍しい体験を教えてください!

No Title

どっちもどっちだねぇ

■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)