商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.444
プライベートをプロフに出しすぎるのも考え物……

東京都 HACHI 25歳
巨人ファンのソープ嬢です!ソープで働き始めてから、忙しくてなかなかドームに行けなかったのですが、ペナントレースの優勝シーンはしっかり携帯でチェックしました!そんな、野球関係でへこんだ話です……。

私は、自分の得意分野に引き込むため、ついた客にはとりあえず野球の話をふります。若い人はあんまりですが、オジサンはけっこうこれに乗ってきます。しかも、私はかなり巨人マニアなので、巨人ファンのオジサンとの相性はバツグン!

そんな私のために、ひとりの常連さんが私の生休に合わせてドームのチケットをプレゼントしてくれたんです。でも、まず私が持ったのはネガティブイメージ……。「うわ……、店外の誘い?」「巨人の話題なんて出すんじゃなかった〜(後悔)」みたいな。

なんですが、お客さんが「ハイこれ」って私にくれたチケットは2枚。つまり「誰かと一緒に見て来なよ」ってこと……。すぐに「なんていいお客さん!」と考え直し、彼に対してネガティブイメージを抱いてしまったことを反省しました。

しかし、ソープ入店前に彼氏と別れていたし、特に誘える男の子も友達もいないので、お店でよく話しかけてくれるテンションの高いA子ちゃんを誘ってドームに行きました。けっこういい席で、チケットのナンバーを見ながらルンルン気分で向かうと……。あれ??

私たちの席の隣にいる巨人の帽子のオッサンと目が合うと……、私にチケットをくれた巨人ファンの常連だったのです! 完全にやられました……。向こうのほうが一枚上手だった……。

私にペアチケットをくれて店外じゃないと思わせて、実は自分も隣の席を取っていたこの客……。はあ(ため息)……でも、目が合ってしまった以上は引き返せません(涙)。事実上の店外スタート!

A子ちゃんがテンションの高い誰とも打ち解けられる子だったので、いまいち納得いかない私をよそに盛り上がった野球観戦でした。でも、試合が終わるとお客さんが、「この後ご飯でもどう?」と……。

私は断りたかったのですが、応援中もノリノリだったA子ちゃんが「いいっすね〜」とOKしてしまって……。食事中は野球観戦同様A子ちゃんが盛り上がり、お客さんも大喜び。なんとその客、その後は私に入らずA子ちゃんの常連となったのでした……。

その事実を知ったのは、なんとA子ちゃんが自ら「あのお客さん、私の本指になっちゃいましたよー!なんかスイマセン!」と報告してきたからでした! 今では彼女のプロフィールにはしっかり「趣味:野球観戦」「嬉しい差し入れ:野球の試合のチケット」と入っています……。

それからというもの、私が野球の話題でつかまえた常連さんがドンドン来なくなってるんですけど……。マジ落ちてます。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (47)
    (15)
    (47)
    (20)
■ この投稿に寄せられた感想
らぶぼにーた編集部

趣味など、自分の得意分野をお客さん獲得に生かすのはいいことだと思いますが、知人バレを気にしてプロフィールは完全に「仕事上のキャラクター」を作ってる子も多いですよね。逆に、入ってくれた人にこそ「ホントの自分を出す……」みたいな演出に使えるかも。体験談が掲載されたHACHIさんには商品券をお贈りします。みなさんも、お客さんや同僚の子との体験談や失敗談をメールで教えてください!

ただ単に

営業下手な話でしょ

■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)