商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.291
最高の人とのHが最高とは限らない……

静岡県 きりんちゃん 28歳
私は、本当にセックスが大好きです。ソープの仕事は、お金が欲しかったのはもちろんですが、自分の性欲解消といろいろな男性のテクやアレを知ることができるという理由が大きかったと思うんです。

ソープで働き始めて2ヶ月目に私は、今の夫とソープで知り合いました。

けっこうわがままなタイプの私ですが、そのときお客で来た夫は、私のことを理解してくれて、いろいろわがままも聞いてくれました。それにいざというとき何より頼りになってくれそうな存在でした。

恋人同士になった私たちは、半年したら結婚して、私は仕事をやめて家庭に入るという約束をしたんです。そして半年後、私はソープから上がり、念願の結婚をすることができたのでした!

「これからは苦労を絶対させないからね。ボクの収入でお前を養ってみせる」

という彼の宣言もあり専業主婦になった私。しかし、専業主婦というのは体をもてあまして仕方がありません。暇なのでやることはテレビを見るかオナニーをするかのどちらかです。

最初はキモチが盛り上がっていたので、満足でしたが、次第に不満が出てきました。

熱狂的な恋愛関係から結婚!という盛り上がりが冷めると、夫とのセックスの相性が自分は悪いんじゃないか、と感じ始めたんです。まずは肝心のアノ時間が短い。これが私にはたまらないストレスになっていました。

セックスのときは、私がいつも満足せずに、夫だけが先にイッてしまいます。それに、愛撫の仕方も私には合っていないような気がします。夫が寝たあとに、さびしくオナニーするのではどうしても物足りません。

いつも私のほうからセックスを要求していたのに、いつのまにか夫の要求を私が突っぱねるように関係が変わってしまいました。でも、セックス以外では夫のことがとっても好きですし、これ以上の人が私の前に現れることはないと確信していました。

そして私は、思い切って夫に打ち明けました。

「このままじゃ私は欲求不満であなた以外の人とHしちゃうかもしれない。もしそれが嫌なら、私をもう一度ソープで働かせて!」

夫は、もう泣き出しそうな顔をしていましたが、

「仕方ないよね。ほかの誰かと浮気されるより、しっかりお金をもらって仕事と割り切ってしてくれたほうが、ボクにとってのダメージも少ないよ」

と許してくれました。セックス以外は、今の夫といてとても居心地がよいので、別れるなんて考えられません。

仕事以外でセックスは絶対にしないこと、という条件で、私はソープに復帰しまたのです。

そしてソープに復帰して2ヶ月、今では、心も体もストレスがなく快調です。夫との関係もセックス無しで今のところうまくいっています。

悲しいこととは思うけど、一番好きな人とするHが必ずしも最高のものとは限りません。でも夫は、一緒にいてくれないと本当に困る人です。私はそうやって割り切ってくれる人と一緒に暮らせて幸せです。本当にこの人と結婚してよかったと思います。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (111)
    (187)
    (36)
    (34)
■ この投稿に寄せられた感想
だめじゃん

らぶぼも堕ちたな

ひでぇ

ゴミだゴミ NANDAKANDA理由つけて、いつまでもソープで働く肯定論

これが本当なら

頭おかしいよ、主は。

変だよ〜

ソープで働くことを許す旦那の考えが分かりませんね。主も旦那に違う人とセックスしてしまうかもと打ち明けられる勇気があるんなら、2人で性生活を改善した方がいいと思います。それが夫婦じゃないの?主もソープはずっと出来る訳じゃないって分かりますよね。それとも、旦那みたいなお客さんでセックスも上手かったら乗り換える訳?!

うわっ…

キモい…

うらやましい

いい夫婦関係だなぁと思います。私は 夫に内緒でやってますが、夫に理解力があれば公認でやりたいですね。その方が 気持ち楽ですよー。

なんか

素人童貞が書いた投稿エロ小説みたいだ

気つけてや

旦那公認だと最悪、旦那働かなくなったり、お金困ったらむしり取られるで。私が経験者やから。だから稼いだお金は自分自身で管理やで

普通にキモイ(^_^;)

No Title

理解してくれて良かったね。

■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)