商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.287
汚い大人になりたくない! 風より恐い昼職?

東京都 純 20歳
私は以前、ある女性占い師の会社で受付をしていました。けっこう常連客がいて、お客さんから「先生」と呼ばれていました。あるとき、先生は雑誌の取材を受けました。するとお客さんが急増。予約は満員となりました。

先生は「占いは波動を使うから疲れる」と漏らしていましたが、お客さんの「感謝をもらうから私は復活できるの」などと慈愛に満ちた教祖さまって感じだったのですが……。

客が増えて“問題客”も増えてくると、占いを終えた後に私たちに、「今の人は絶対結婚できないわね」「さっきの人、頭おかしいんじゃない」などと暴言を吐くようになりました(笑)。

でも、雑誌に取り上げられたおかげで占い業界でも有名になった先生。いろんなパーティーに出席するようになり、あるとき「彼氏ができた!」と大喜びで報告してきました。それからです。先生が時間にルーズになり始めたのは……。

先生が時間を守らないと、占いの予約のスケジュールがずれて私たちがお客さんに苦情を言われます。先生が時間にルーズになった原因は彼氏とラブラブだから。正直、私はムカついてました。占い師も所詮は人か……と。

そして事件はおきました。先生がお昼ご飯に行ったまま戻らない午後、銀行から電話がかかってきたのです。銀行の担当者が言うには「先生いらしゃいませんか?」「15時までにご入金いただかないと不渡りとなってしまいます!」って。

私は先生の携帯に電話しましたが電源切れてる。結局、不渡り出しました。私はあまりよく知らないんですが、不渡りは2回出すと会社は事実上倒産らしいんです。不渡りの次の日、先生は出勤して私たちに平謝りしました。

とりあえず銀行にはお金を入れて、会社は続きました。でも! しばらくしてまた銀行から「15時までにご入金いただかないと不渡りとなってしまいますぅぅ」って超あわてた電話が……。今回は2回目だから銀行の人もマジあせりです。

その日も先生はお昼ご飯に行ったまま帰ってこず、携帯も通じず。そして2回目の不渡りです。会社には一応、次の日からも出勤しましたが先生は来ず。

予約のお客さんの苦情を処理していると、事務所の外から大音響の軍歌が!! それと一緒に男の人のガナリ声で「ご近所のみなさま、占いを主な事業とする株式会社○○は泥棒です。このような泥棒企業が世の中にあっていいものでしょうか!?」みたいなアナウンスが……。

こわい団体の方々が、私たちの会社を指名で糾弾してるんです(恐)。その日の午後には会社に、占いのお客さんではない来客がありました。高そうなスーツをまとった、超イカツイおじさんです。

その人は「○○組どうのこうの」と書かれた名刺をくれて、「何か困ったことがあったらいつでも電話してください」と帰っていきました。そして夕方にはまた来客。会社の新オーナーと名乗る人が弁護士や部下数人と一緒に来たのです。

私は新オーナーの会社でも働きましたが、その人は潰れそうな会社を見つけては安く買い叩いて業績を伸ばしている会社の社長で、大音響の軍歌の人たちも、○○組の人も、潰れそうな先生の会社を狙っていたのでしょう。

私は、そんな大人たちが嫌になって、会社を辞めました。そんなこと言いながらヘルスで働いてるんですが、出勤のスケジュールは守ってます(笑)。

最後に、会社を辞めたときに給料をもらえなかったので、労働基準監督署におせわになったのですが、そこで先生が自己破産したと聞きました。彼氏にでも、貢いでたのでしょうか?
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (16)
    (33)
    (67)
    (17)
■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)