商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.235
幸せって、金じゃ買えないんだよ

北海道 まぁーたん 20歳
テレビなどで、年に何回かは変質者や痴漢がニュースを騒がせますが、この前、ソープ街に出たんです!

私も、暗くて人通りの少ない道を歩いているときは、ちょっと怖いなぁと思うし、お店からも「一人で歩くときは気をつけて」と言われます。でもまさか、ソープ街に出るなんて……。

ラストの仕事を終え、「ああ疲れた」という帰り道。タクシーをつかまえようと広い通りへの道をトボトボ歩いていた私は、前から同じくトボトボと来た男とすれ違いました。するとすれ違ってすぐ、その男は私に声をかけてきたんです。

「ねえねえ」

!! 私は一瞬ビックリしましたが……。

「俺、ずっと出して歩いてるのに誰も気付いてくれないんだけど、俺ってそんなに小さいのかな?」

はぁ? って思った私は振り向いてみて、「あぁ、このことか」って思いました。男が出していたのは、ジーパンのファスナー全開の間のチ○コだったんです。

もし、その男が、通り魔とかだったら本当にシャレになりませんが、下半身を露出して女の子に見せて楽しむ変質者でした。それでも、私が中学生くらいなら驚いたかもしれません。でも、今では毎日のように、それを見ている私は、ため息まじりに無視しました。

するとさらに男が私の前に回りこんできて、「俺、全部見せる事もできるよ♪」とジーパンを脱ぎ始めたんです。さすがにうざくなってきた私は変質者に一喝!

「そんなに見せたけゃソープでも行けや!」

すると変質者は、寂しそうな顔で言ったんです。

「だってソープ嬢は見慣れてるから相手にしてくれない……」

私もソープ嬢なんですが……。てか、ここソープ街なんですけど……。

“ずっと出して歩いている”にも関わらず気付かれないって、たしかにホントに小さすぎの可能性もありますが、いずれにせよ、「キャーッ」っていう反応を求めているなら、最も適さない場所でしょうここは!

きっとこの人、他の街じゃみんなに騒がれて、変質者魂を満足させていたんだろうに……。

でもここじゃ、騒がれるどころか、誰にも気付いてもらえず、とうとう話しかけて気付かせるなんて……。寂しかったんだろうな、と思うと少しかわいそうになりました。

路上で露出するような、リスクを犯さなきゃ気持ちよくなれない変質者の性癖……。彼に比べれば、ソープに来れば手軽に満足できる客は、幸せ者ですよ。あはは
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (44)
    (25)
    (65)
    (19)
■ この投稿に寄せられた感想
とりあえず納得

金で買えない幸せもあるんだね〜

■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)