商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.224
風俗嬢の、センチメンタルなアパート事情

東京都 milli 28歳
私はデリヘルで働き始めた頃、かなり安くて治安の悪いアパートに住んでいました。といっても、普通の住宅街にある木造アパートなのですが、近所の人から見たらきっと、治安が悪そうに映ったと思います。

というのもそのアパートに住んでいた日本人はたぶん私だけ。あとは中国や韓国、中東ぽい人からに東南アジア系など、バラエティ豊かな人たちが暮らしていました。彼らは、国別に1部屋〜2、3部屋を借りて、大人数で住んでいる様子。

私の部屋は1階だったので、上の階の住人が騒いでるのか何をしているのか、とにかく足音がうるさかったので、よく傘で天井をガンガン!と突いて「静かにして!」の合図を送っていました。

そうすると静かになるのですが、しばらくするとまた騒がしくなり、また傘でガンガンして静かにさせるという繰り返し。そのうち、ガンガン突くと上から「ピーヒョロロ♪ピーヒョロ♪」と鳥の鳴き真似みたいなのが返ってきて、静かになるパターンが生まれました。

また隣の部屋には、中国の女の子が4、5人で住んでいるようでした。ときどき楽しげな笑い声が壁から聞こえていたし、私がコインランドリーへの行き来でたくさんの洗濯物をゴミ袋に入れて移動するとき、よく出くわして会釈をしあう関係になりました。

彼女たちはとても人なつっこく、私と会うと空を指差して上を棒で突くような動作をした後、「ピーヒョロロ♪ピーヒョロ♪」と上の住人のマネをしたりして、「あなたも苦労してるね」みたいな表情でクスクス笑いかけてくるのでした。

きっと彼女たちも、同じ経験をしたことがあるのでしょう。そのほかには、定番ですがイスラム教らしきお祈りをしている人をよく目撃したり、きっとキムチが漬けてあると思われる瓶が外にたくさん並んでいるなど、国際色豊かなアパートでした。

そんなアパートにも風俗の仕事にも慣れてきたとき、私はひどい風邪をひいて店を休みました。そのころの私の保険証は親と一緒。しかも家出同然で1人暮らしをしていたので、病院に行くとお金をたくさん取られると思い、薬局で買った風邪薬を飲んで寝ていました。

ひどいセキが続き、熱も下がらず、上の住人の騒ぎに傘をガンガンする気力も無く、4、5日が経ったとき、部屋のドアをノックする音が聞こえました。出てみると、そこには隣の中国の子が、ドンブリを持って立っていました。

彼女はジェスチャーと片言の日本語で「ひどいセキが聞こえてたから……」みたいなことを言って、私におかゆをくれました。1人暮らしで病気になり、正直不安でしょうがなかった私は、おもわず泣いてしましまいした。

中国の子は、可愛い刺繍の入ったハンカチで私の涙を拭いてくれました。おかゆをおいしくいただき、その日は寝ました。あとで気づいたんですが、上の住人がその日からおとなしくなり、ときどき「ピーヒョロロ♪ピーヒョロ♪」と声をかけてくれました。

次の日からは、いろんな住人がキムチだとかカレーだとかパンみたいなお好み焼きみたいな食べ物だとかを差し入れしてくれるようになったのですが、正直すべてが大量で、食べずに捨てた物もありました。ゴメンナサイ。

私のセキはおさまらず、お店に休むと連絡する電話口でもゴホゴホしていたので、とうとうお店の人に病院に連れて行かれました。すると肺炎で即入院。病院が親に連絡して、退院後はいったん実家に帰りました。

大家さんからの電話が鳴り、アパートに摘発が入り、多くの住人が連れて行かれたとのこと。「解約するならしていいよ」という連絡でした。私は解約し、部屋の物を処分するため1度だけアパートに行きました。

部屋を掃除している間中、どの部屋からも人の気配はせず、アパート全体に生活の匂いは消えていました。みんな、平和に暮らせているのでしょうか。ときどき、妙に思い出すセンチメンタルな思い出です。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (44)
    (16)
    (132)
    (28)
■ この投稿に寄せられた感想
なんか・・

切ないけど、あったかい話だねー(;_;)

いい話

ジンとした。

イラストの

土鍋の子かわいい

いいね〜

幸せを感じました

■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)