商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.216
教訓にしたい、ソープにはありがちな経験談

石川県 みっちょん 30歳
私は今、全部で1000万円ちょっとあった借金を返済中です。借りやすいイメージの消費者金融からちょっと借りて、給料日のたびにキッチリ返済。そんなのがクセになり始めたころ、私への融資の上限が増えたというお知らせが……。

そんなのも手伝って、私の借金グセはエスカレート。ほしい洋服やバッグを見ると、次のボーナスで返せるから……と気軽に多額を借りるようになりました。でも、これって借金で身を崩す人のパターンですよね。

そのうち私は、借金を返すために別の業者から借金し、その借金のためにまた借金……。借金借金また借金の自転車操業に陥りました。ドンドン届く返済の催促と、甘い言葉で融資を申し出るあやしい金融屋からのダイレクトメールや電話。

私はもうダメだと思い、高額バイトを探していきなりソープに入りました。それからは、お店とアパートを行き来するだけの生活。高い洋服やバッグの誘惑を受ける暇なんてなく働き、いただいた手取りの多くを借金の返済へ。

ようやく自転車操業から抜け出せたと、ひどい生活の中にも安心感をおぼえていたとき、仕事のしすぎか子宮を痛めてしまいました。あまりの具合の悪さに病院に行くと即入院。ちょっとずつ貯めていたタンス貯金もすぐ底をつき、あっというまに極貧生活。

借金の自転車操業だったときは、借金してたからお金はあったんです、自分のお金じゃないにしろ……。でも、お金がない極貧生活はホントにきつい。節約のために自炊しようにも、まとまったお米を買うお金がない!

この仕事は、女の最後の武器ですが、体を痛めては十分に働くことができません。今は昼間の出勤だけで、なんとかしのいでます。自分で作った借金だから、絶対にケリをつけようと思い、今年に入ってから弁護士さんに相談に行きました。

すると、任意整理という方法で金融業者と交渉し、私が返せるラインで借金を調整してくれることになりました。いろんな業者との取引の詳細を取り寄せると、なんと私は利息の取られ過ぎ! ソープ入店前から長きにわたって支払ってきたほとんどが利息でした。

弁護士さんは「風俗って大変ですよね。体のことも心配ですし、少しでも利息をカットしてもらって、早く風俗やめましょうね」と優しい言葉をかけてくれ、まめに経過を報告してくれます。

弁護士さんの和解案が通れば、毎月の支払いが10万くらいに減ります。毎月40万50万を支払っていたので、えらい助かります。今、私は30歳。いい年して借金生活なんて恥ずかしいです。早く返して、治療に入りたいと思います。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (85)
    (45)
    (32)
    (26)
■ この投稿に寄せられた感想
自業自得

言い方は厳しいけど、自分の快楽のために借金するなんでバカげてる!

頭悪いね

自分の浪費→ソープなんて馬鹿女。 それに一千万なら、自己破産した方がはやかった。 普通の収入で一千万なんて借金作れないし、まともな金融じゃないね。 自己破産はなんちゃら?とか、理想論カクヤツいるけどさ、正規の金融屋は金融事故=自己破産して回収出来なかった時の為に金融屋同士の保険機構があるんだから問題ないし。 よく、自己破産したら借りれなくなる!とか、馬鹿な事カクヤツいるけど、まだ借りる気か?って聞きたい。 この話も最後は弁護士…なら始めから弁護士だろ。風俗で働くか?自己破産するか?むしろそれを残債判断すべきだった。合掌。

闇金…

金銭関係は弁護士だけではなく、司法書士の方がボランティア的活動をやってると思った。 借りてしまったモンは仕方無いけど、知っている・知らない←これが大きな差になるんでしょう…。

このサイトって

人のことにケチつける女ばっかりだね。

■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)