商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.143
年下夫の冷酷な仕返し

  
神奈川県 さき 29歳

結婚していったんソープを上がった私ですが、わけあって3年ぶりにこの業界に戻ってきました。

結婚して専業主婦になってから、私は幸せでした。夫は年下なので、私の言うことを何でも聞いてくれるし、私の機嫌が悪かったりすると、夫を罵倒してストレス解消。

たとえばエレベーターで、私の行きたい階とちがう階のボタンを、彼が押したりすると、それだけでイラついてしまうありさまです。彼をその階で下ろして、

「階段で上ってきなさいよ」

とエレベーターから降ろしました。そして彼は本当に5階から8階まで階段で上ってきたのでした。

おとなしい夫は、はいはいと私の言うことを聞いてくれるので、私の彼への言動はどんどんひどくなっていきました。

そんな私が圧倒的に優位の関係でしたので、他の男と浮気もけっこうありました。でも、最終的に私のわがままを素直に聞いてくれる夫が男が、恋しくなって、火遊びを楽しんだあとは彼の元に帰っていました。

そして、彼もそんな私といてもほかの女より楽しいはず、……と思っていました。


でもそれは私の思い違いだったようです。

ある日、彼は会社の同僚と飲み会があるので「私にも参加してほしい」と声をかけられました。断る理由もないので、軽い気持ちで参加しました。

飲み会は、どこにでもある極々フツーのもので、男子社員と女子社員がまざって10人くらい。私もその中に混じってわいわいやって楽しみました。

それから1ヶ月ぐらいして、今度は前のメンバーと内々の飲み会があるので、また来ないか、と彼に誘われました。

会場へ向かうと、そこには彼と、この前、飲み会に来ていた女性社員が2人だけ。

「もう2人いたんだけど、会社の急用で帰っちゃったんよ」

私は、そのとき彼に対して何の疑いも抱いてなかったので、3人でいろんな話に花が咲きました。

「今日は楽しかったね。またこのメンバーで会いたいね」

3人は次に集まることを約束してお開きになりました。

そして……家に戻ると、彼がぼそっと私に言いました。

「今日のコどう思う?」

「どうって?とってもいい子じゃない」

「そう…はは…そうだね」

彼は小ばかにするような笑いを浮かべていました。

「何、その態度!」

「ごめんなさい。でもいっておかなくちゃいけないことがあるんだ…オレ、今あのコとつきあってるんだよ」

「………」

私は、ただおとなしいと思っていた夫の裏切りもさることながら、まるで見世物のように扱われたことにショックを受けてただ呆然とするばかり。

「だって、お前だって、好き勝手、男をつくっていたし、人前でずっと恥をかかせくれたじゃないか。少しぐらい仕返ししてもいいだろ」

私の付き合っていた夫は、毎日、私と生活しているなかで、こんなことをひそかに計画してたのです。まさか、まさか、私はその事実が受け入れられませんでした。

半年だった今では別居し、離婚に向けて話が進んでいる最中です。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (79)
    (78)
    (50)
    (39)
■ この投稿に寄せられた感想
仕返しとは言えない

あなたのただのわがままですね。

自我

自分で蒔いた種は自分で苅りましょう。

絶対

冷酷なのは,旦那じゃなくてあなた。

ダメだね

あなた見たいな女性は死ねばいい

……

あまり同情はできません。旦那さんが可哀相です

あらら

いい薬になったんじゃないの? 男をバカにしてるからだよ

あんた!何様!

ワガママすぎ!!

・・・・・

馬鹿な女・・・

(笑)

哀れ。( ̄m ̄)ププ

馬鹿

いい気味だな

m9(^Д^)

ざまあああああwwwwwwwww

コメ欄 もてない女がひがんでんじゃねーよwww

■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)