商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.138
地域住民の皆様、停電が起こったとしたら、それは私のせいかもしれません…

  
東京都 まい香 27歳

まだフツーのHしかした事の無い頃は、AVでやってるような事は、頭がちょっと変な人がする事だと思っていました。私にはこんな事できないなー、と思っていました。

でも、今の私がしている事は、そのまんまAVにしても成立してしまうようなもの。なんでこんな事になっちゃったんだろう。自分がこんなにエロい女になるとは思ってもみませんでした。

私がその奇妙な性癖に目覚めたのは普通の会社勤めをしていた6年前。当時付き合っていた彼とのデート中の事でした。

「なぁ、俺さぁ、今すっげえヤリたいんだけど」とある公園のベンチで他愛も無い世間話をしている時、彼が唐突に言い出したのです。

「はぁ!?ここで?馬鹿じゃないの!」

「そんなに恐い顔するなよ」

そう言いながら彼は私に体に触れ、敏感な部分を刺激し続けました。はじめは嫌だ嫌だと身をよじっていた私ですが、Hは大好きだったので、うつむきながら快感に溺れていきました。

すっかり私も準備OKになった頃、彼が私の耳元でささやきました。

「お前、見られてるよ。お前のいやらしい顔も体も、全部周りの人に見られてる」

はっと私が顔を上げると、遠くの木陰に人影が見えました。ノゾキです。それを目にした瞬間、私の中に電流が走り、今まで感じた事の無いような快感が私を貫きました。見られるのは、最高に気持ちいい。私が自分の中に隠れていた性癖に気付いた瞬間です。

それからは彼と、色々な場所で露出プレイをしました。映画館、遊園地、パーキングエリア、プール、そしてハプバー。どれもこれも最高に気持ち良かった。もうこの快感からは逃れられないと思っていました。

そして、ある夏の暑い日。私は人生最大の快感に遭遇するのです。
部屋で一人、本を読んでいた私。部屋のカーテンを開けてみると、そこには電柱によじのぼった電気工事のおじさんがいました。慌ててカーテンをしめようとした私ですが、ふと思いました。

私がここでオナニーしたら、どうなるんだろう。

一度こんな事を思ってしまったら、そこは露出狂のサガ。私はおじさんに見せつけるようにして、大胆なポーズでオナニーを始めていました。おじさんの視線が私に突き刺さるのが分かります。
露出狂として、最高に幸福な瞬間です。私の指は止まらず、そのままイキました。この世のものとは思えないほどの快感でした。おじさんも、最後まで見届けてくれました。

あれからしばらく経ちますが、Hして、いくら気持ち良くても、おじさんに見られたオナニーほどの快感は得る事ができません。あの日から今まで、私は基本的にカーテンを開けっ放しにするようにしているのですが、電気工事の人は一向に現れないんです。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (198)
    (62)
    (86)
    (30)
■ この投稿に寄せられた感想
公衆わいせつ罪

ですよね?

■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)