商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.74
上司をたぶらかす悪い女なんです

  
東京都 ひめか 27歳

これまでデリヘルをやっていましたけど、効率が悪くてソープに転職しました。一応、昼の会社に勤めているから、時間を有効に使わないと、そっちの仕事に差し支えてくるんです。

昼の仕事で食べていけないこともないし、高価なブランドものがほしいというわけでもありません。この世界に飛び込んだのは、強いて言えば、風俗の世界に興味があったから。悪い言葉でいうと人の心をたぶらかすのがおもしろいからでしょうか。

今、働いている会社に入ってすぐに、私は直属の上司・上田さん(仮名)とすぐに関係を持ってしまいました。別に私はその人のことを「ちょっといいなぁ」ぐらいにしか思っていなかったんですけど…。なんか遊んでみたい気分だったんです。

その人はすでに妻がいて、子供も一人いました。要するに不倫ですよね。

課の飲み会の帰りに私が冗談半分に「このあと2人で飲みなおしませんか?」って誘ってみたら、おもいがけず上田さんの答えがYESだったんです。そのあとは飲みに行かず、そのままホテルに直行! その夜は思い余って3発も受け止めちゃいました。

でも翌日は、上田さんを無視です。昨日の私の態度と180度手のひら返しに彼もとまどっているようでした。その反応がおもしろくて、ずっと1週間無視し続けたら、上司が「オレのことどう思ってるんだよ!」ってキレちゃって。

「だって上田さんには奥さんも子供もいるし…」ってすねてみせたら、相手も「ごめん、会社の中ではおおっぴらにできないけど、悪いようにはしないから」って、こっそり楽な仕事をまわしてもらえるようになりました。

でもそれきり2人で会ってもなんだかんだ理由をつけて、Hだけは断っていました。だってそのときはもうデリヘルの仕事初めてておなかいっぱいだったし。会社を定時で帰れたのも、その上司がいてくれたからなんだけど。

そんな関係が2年ちかく続いたんだけど、周りは誰一人として、私が彼と付き合っていること知らなかったみたい。同僚から「あなたも浮いた噂ひとつもなかったね。ちゃんと彼氏つくりナよ」
って励まされちゃいました。週に一回ペースで会っていたのに、誰も同僚が気がつかないなんてね! でもさすがに上司の奥さんは私の存在に気がついていたみたい。2回ぐらい携帯に無言電話がかかってきたんですけど、オンナの直感でピーンと来ましたね。
女は恋をするとすぐわかるっていいますけど、何もかわらなかったみたい。だって本当は彼のこと好きじゃなかったんだもん。「会社を辞めても付き合ってくれるよね」って懇願する彼に
「え? 私、最初からあなたのこと好きじゃなかったし」って思いっきりストレートに言っちゃいました。

ひどい女だと思うけど、だって駆け引きがおもしろかったんだもん。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (36)
    (47)
    (27)
    (25)
■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)