商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.54
腹違いの弟は、自分に瓜二 女社長が溺れた禁断の遊びとは?

  
東京都 ゆうこ 38歳

以前の私は、小さいながらも健康食品の会社を経営していて、日々の暮らしは順調。
夫とも仲良くやっていました。兄弟はいなく、母は早くに死去。実質家族と呼べるのは父親だけでした。
そんな父親が死んだのは3年前。女遊びが好きだった父親には、愛人に産ませた一人の息子がいました。父の遺言状でそれを知った私は、遺産分配の話もあり、遺言状に書かれた連絡先に電話をして、腹違いの弟と会う約束を取り付けました。
待ち合わせの日、新宿の街はひどい人ごみでした。そんな雑踏の中、私は一目で弟の姿を見つけました。弟の顔は、私と本当に似ていたのです。
近くのレストランに入って弟の近況を聞くと、普通の企業に勤め、4年前に結婚をして、何不自由の無い普通の生活をしているとの事。遺産の話も揉める事無く、早々に話がつきました。
そして、私はレストランを出た後、弟を二軒目に誘いました。その日は何故だか、そのまま帰りたくなかったのです。今になれば分かります。あの日、私は、弟と別れたくなかったのです。
事実、弟と話しているのは楽しかったです。趣味も合い、会話のテンポも良く。時間を忘れて語り合いました。それこそ父親とは全く関係の無い話まで色々と。そして、その日の別れ際、私は弟に言ったのです。
「また、近いうちにご飯でも食べましょうよ」と。
それから私と弟は、週に1度か2度、レストランで食事をしたり、お酒を飲んだり、時にはカラオケやボーリングなどでも遊びました。そんな生活が2ヶ月ほど続いたある日、帰りのタクシーの中で、だいぶ酔いの回っていた私は、弟の肩にしなだれかかり、
「もう帰っちゃうの?私はまだ、帰りたくないよ」
と言いました。
すると弟はタクシーの運転手に、
「すいません。新宿に戻ってもらえますか」
と告げました。
勿論いけない事だとは思いました。けど、弟に惹かれる自分をどうしても抑えきれなかったんです。弟とのセックスは、今までに感じた事の無い興奮がありました。自分と同じ顔の人間が、私を抱くのです。こんな興奮、他にありません。
そういう関係がズルズルと1年ほど続き、私は夫と別れ、弟は妻と別れ、二人で一緒に暮らすようになりました。それと同時に私の会社は潰れ、弟は失業。私たちはもう二度と日の当たる場所に戻れないかもしれません。それでも私は、弟さえ側にいてくれれば、それで良いと思うんです。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (75)
    (114)
    (61)
    (53)
■ この投稿に寄せられた感想
罪に濡れた二人

…まんがみたい…

ん〜

まぁそこまで愛し合える相手って素敵だけど…

千春です。

わたくし歌舞伎町のトップダンディというホストクラブでホストをしております千春と申します。自分はもうこの業界に五年程おります。経営をしていた時もありました。是非貴方様にお会いしてお話してみたいです。たかがホストが出すぎた真似をしてすみませんが、ホストとしても誰にも負けたくありませんし、自分はホストで終わる気はありませんので、どうか色々教えてください。どのような飲み方でも、自分は体はってでもお付き合いし楽しませます。どうかなにとぞよろしくお願い致します。ご連絡、ご来店お待ちしております!

■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)