商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.9
値札を見ないでレジへ持っていく快感が忘れられない!

  
今は、昼間の会社員をやっています。でもクリスマスイブにソープに戻っちゃいました。昼間の会社は正社員なんですけど、税金やら保険料やらを取られて残るのは16万円ぐらい。普通のOLはこれくらいで生活していると思うんですけど、私はもうこのお給料じゃやっていけません。
だって、服を買うときに、値札を見て買う自分がとってもイヤで、惨めだと思ったんです。ソープで働いていたときは、高いお店に行って、値札を見ないで服を買うのがすごく快感だったんです。
焼肉屋さんに行くときも、値段なんか気にしないで、どんどん頼んでた。友達といっしょにいったら、普通のカルビなんか目もくれず、「特上カルビ!」と一言だけ。
値段を気にして食べていたら、食べた気がしないじゃないですか。
でも私の中では、風俗っていつかは辞めなくちゃいけない職業だったし、世間的にも語れる職種に就きたい思いはいつもあったの。
それで貯金が200万円あるから、昼間の仕事をしても、当分は今の生活水準で暮らせるだろうと思ったんです。ところが2ヶ月で貯金を使い果たしちゃって(笑)。
会社は、雰囲気がよくて、ストレスなく働けたんだけど、3ヶ月目ぐらいで、風俗に戻りたいなぁ、って気持ちがどんどん膨らんできました。
その後は、服や化粧品を見るたびに、「昔は、これぐらいの品、値段を見ないで買えたのに」って惨めな思いを感じるようになって。一度、いい思いをしているだけに、好きなものを好きなときに買えない自分の境遇がもう耐えられないんです。
それで年末ってみんな大きな買い物するでしょ。あの光景を見てたら、もうダメ。昔の友達を頼って、入店してしまいました。
昼間の会社は、来月で辞めてソープ一本で行くつもりです。早く会社に言わないといけないんですけど。面倒くさいから、そのままフェードアウトしちゃうことも考えています。
一度いい生活を経験してしまうと、なかなか貧乏な暮らしには戻れないんですね。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (214)
    (188)
    (59)
    (50)
■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)