風俗百物語           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

風俗百物語 VOL.24
涅槃で「いいね!」

東京都 ピーウィー 24歳
みなさん、フェイスブックやってますか? あれって原則本名での登録じゃなきゃですが、私は偽名&偽プロフで、お客さんとのコミュニケーションに使っています。お店の名刺に、ちょっとした遊びでフェイスブックのURLを載せたら、普通に友達申請が来て笑えました。

お客さんたちってけっこう、本名や本当の出身校、勤務先を登録してるっぽい人が多くて、ふーん、あの人ってこんないい大学出てるんだ、あんな大企業で働いてるんだ、分かってたけど既婚なんだ(笑)とか見られておもしろいです。

傾向として、フェイスブックで友達申請してくるの客は自分に自信持ってるね。そんな中のひとり、Aさんの話です。Aさんは以前からの常連さんで、私は彼に営業電話やメアドも教えていて、フェイスブックでは友達だけどほとんど交流はなく、いつも姫予約は電話でした。

でもある日、フェイスブックで私が書き込んだ内容に、Aさんから「いいね!」が。私は「あ、Aさん久しぶり」と思って彼のページを見たら、あいかわらずフェイスブックはあまり使ってない感じだけど、なんとなくログインしたときに、私の発言を見たのかな?と思ったくらいでした。

まあ正直、前回の来店からずいぶんご無沙汰なので、そろそろ来てくれてもいいんじゃないの? とちょっと不満もありましたが……。Aさん、ここ数年は仕事がどんどん忙しくなっていて、姫予約が入るのも「急に休みが取れて!」といきなりなことも多い人でした。

なので、まあ忙しいんだろうと思っていたんですが、それからというもの私がフェイスブックに書き込みすると、高確率でAさんからの「いいね!」が……。今まで使ってなかったのに、なんでいきなり? 携帯をスマホにでも変えて、フェイスブックしやすくなったのかな?

とも思ったけど、ほかのお客さんにくらべてあまりにも私が発言するたびに「いいね!」「いいね!」押してくるので、ちょっとうざくなってきたんです。店に来ないくせにネット上だけで友達気取りやがって(怒)。めんどくさいから切るか!

でも、その前に超久しぶりにこっちから電話してみよう、そしたら来てくれるかも、と思い直し、電話してみました。するとそれに出たのは……。

なんと女の人! しかもその人、「はい、こちらAの携帯でございます」と出たので、私はあわてて「あ、Aさんはご都合悪いですか? 私、Aさんの友人で……」とかなんとなく応えてしまいました。ちょっとうわー、この人って奥さん? ヤバいAさんソープ通いバレた?

とか頭をよぎり、電話切っちゃおうかと思ったけど、次にその女性から出た言葉は、「Aは○ヶ月前に他界しました……」。

えっ? Aさん死んじゃった?? 一瞬で私はゾ〜(恐)! だって、Aさんが死んじゃったんならフェイスブックの「いいね!」を押していたのは……。

霊的なアレは電子機器と相性いいってゆーし、もしかしたらこの世に残した未練の力で「いいね!」くらい押せるんじゃ〜〜〜〜(怖)!

としばらく怖くてフェイスブック開けませんでしたが、奥さんにうかがったAさんのお墓に参ったら、ちょっと落ちついて普通の生活に戻りました。それからというものAさんからの「いいね!」は無くなりました。

もしかして、Aさんのフェイスブックを見た奥さんが、嫌がらせに押してただけだったりして……、とも思いましたが、真相は闇の中です。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (26)
    (14)
    (37)
    (25)
■ この投稿に寄せられた感想
らぶぼにーた編集部

なんだか、21世紀の怪談って感じですね(笑)。たしかに、スマホのタッチパネルなら霊でも「いいね!」って押せそう……。はたして真相は? 体験談が掲載されたピーウィーさんには商品券を贈ります。みなさんも、風俗であった怖い話、教えてください!

■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)