商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.903
年々“変”になる常連客の誕生日プレゼント

埼玉県 本当は34歳 34歳
私が25歳の頃から、常連で毎年誕生日プレゼントをくれた客がいるんですが、どんどん変な方向へエスカレートしていった話です。

25歳は、ケーキとアクセサリーでした。ちょっと個性的なセンスのアクセサリーだったけど、風俗客によくあることなので普通に受け取りました。

それから年々、特に上手くもない似顔絵とか、手作りの宝石箱(市販の箱をデコったやつ)とか、ただの自己満の押し付けのようなものをもらっていたのですが……

今年は30歳!

「記念すべき歳だから記憶に残るものをプレゼントしたい!!」
と張り切っていて、嫌な予感がしました。

そして当日、彼がなにやら大きな機材を持ってやってきたんです。
「え? え? なに? あれ、なに?」と、めちゃめちゃ気になりつつプレイをして

終わった後に
「今日から30代だね! 良いスタートがきれるように応援ソングを作ってきたよ!」
と、持って来たベースとアンプをつなぎだして

ベェーーーーーン!!
と弾きだしたんです!

「ちょちょちょちょい!! 音でかい!! 迷惑になるから!!」
と慌ててとめたら凹んでしまって。

「気持ちはとってもうれしいよ! ありがとう!」
とフォローしたら

「じゃあ歌だけでも…」と、アカペラで歌い始めました。

正直、伴奏がないからメロディーもよくわからなくて、
歌詞も「希望に向かって走れ」みたいな
ありきたりな感じでした。

「だいたい、弾き語りって、ギターでやるもんじゃないの? なぜベース持って来た!?」
と思いつつ

それでも「うれしいー! すごーい! これ全部自分で作ったの!? かっこいいー!」
と褒めました。

内心「私ってほんと嘘つきだなー」と思いながら。
当然、誕生日も年齢も、嘘です。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (0)
    (0)
    (24)
    (0)
■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)