商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.899
コロナ騒ぎで、反省…

茨城県 みっちょん 25歳
以前、新型コロナの影響で出勤するかどうかの投稿を見たのですが、思う事があったので私も投稿させてください。

うちの店にAちゃんという大人しい子がいて、今月頭に「Aちゃん新型コロナが怖くてしばらく休むらしい」という噂がたち、実際その日以来、彼女の姿を見ませんでした。

「新コロが怖くて風俗嬢がつとまるかw」
「性病の方がよっぽど怖いわw」

と、周りはAちゃんの悪口で盛り上がっていました。

そしたら! 昨日ばったりAちゃんに会ったんです。

本名を知らないし、源氏名で呼ぶわけにもいかないし、プライベートで声かけられるの嫌かなと思ったんですが、体が勝手にAちゃんに近づいていて、

気づいたら「ひさしぶりだね〜元気だった?」と声をかけていました。

Aちゃんは最初驚いていましたが、
「久しぶりです。しばらくお店行ってないけどみんな元気ですか?」
と、ニコッと笑顔になりました。

そこで少しだけ立ち話をしたんですが、Aちゃんは、お母さんとおじいちゃんと3人暮らしで、おじいちゃんは数年前に風邪をこじらせ肺炎になり、生死をさまよったけどなんとか回復し、それがきっかけで体力がなくなって寝たきりになっていると言っていました。

「私が新型コロナになっておじいちゃんにうつしてしまったらと思うと怖くて…。
性病なら自分自身が苦しむだけで済むけどね。
本当はインフルやノロウィルスも怖いから、はやくあの仕事は辞めたいんだけど
どうしても生活費が足りなくて…」

と言っていました。

「お母さんはAちゃんがそんな思いして風俗やってること知ってるの?」
とか、いろいろ聞きたかったんですが、

「ごめんね、もう戻らないと。胃ろうの時間だから。」
と別れを告げられました。

恥ずかしながら私は「胃ろう」を知らなくて、帰ってから調べたら、口から食事がとれずにお腹に穴をあけて直接管から栄養をとるそうです。

その後の出勤でみんなにAちゃんの事情を話したら
「そんな理由があったなんて…」
と、みんな大反省していました。

人には人の事情というものがあるから、部外者はマジで黙ってるべしと思いました。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (6)
    (2)
    (16)
    (7)
■ この投稿に寄せられた感想
No Title

事情を皆にいうのは、どうなのかなーてかんじ🤔

■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)