商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.855
台風の日事件! 母娘ソープ嬢誕生未遂

埼玉県 マシュマロ 28歳
台風の日に出勤すると案の定暇。出勤している女の子も少なく、普段は待機室にいるのですが、スタッフさんに暇だし「事務室でお茶でもしていようよ」と誘われてこの日は事務室でスタッフさん達と他愛もない話をして待機してました。

ところが、急遽すぐに面接して欲しいと言う方から連絡が! 近くにいて今すぐ来られると聞いて、私は待機室に移動しようとしたところ、店長に「マシュマロちゃんもいていいよ!」と引き留められました。

「もし採用なった場合女の子の源氏名考えてあげてよ!(以前違う子の名前考えたら好評だった事があります)」てなことで、事務室に留まったところすぐに面接して欲しいという女性が入ってきたのですが…見る限り50歳代…うちのお店は最高でも30歳代しかいないのでアレ…?? と黙って会話を聞いていたら、なんとその方の娘さんを雇って欲しいとのこと……。

近くに娘さんが待機していて、娘もここで働きたいと言っていて会話が苦手なのでお母さんが先に一人で来たとか……。店長もかなり驚いていましたが、「お母さんがよろしければ…」とタジタジになりながら対応してました。

お母さんらしき方は「すぐに娘を連れてきます」と店の外に出て10分くらいで戻り、20代前半の娘さん連れて戻ってきました。娘さんも、親にバレてるのも平気そうで顔出し全然OK、出来たらお母さんと一緒に働きたいとか言い出したのですが、店長は流石に年齢的にお母さんだけ別の店勧めていました。

もう横で聞いていて驚きすぎて目が点……。ぼーっとしていたら軽く撮影も終わったらしく、「マシュマロちゃん!」と店長に名前を呼ばれて我に返りました(笑)。

「軽くお店での流れを教えてあげてね」と言われて軽く説明していたら流石に新人さん、すぐにお客さんついて説明途中に初仕事に行かれました。私はまた事務室に戻ると、お母さんはいなくなっていて、店長が勧めた人妻系に面接に行かれたとか(笑)。

いろんな家庭の事情があるんだろうけど、こういうのは初めてでかなり驚いた経験でした……。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (0)
    (2)
    (27)
    (7)
■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)