商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.803
猫の呪い? ボーイを呪ってみた!

東京都 クッキー 20歳
ソープで働き始めてまだ新人レベルの私ですが、嫌な客もいて大変さを実感しています。そんなのを癒してくれるのが、通勤途中にいる可愛い野良猫。なでなでして、写真を撮らせてもらって、ちょっとだけ餌をあげています。

そんなことを、ボーイとの世間話で話題にしたら、そのボーイが「俺も昔、よく野良猫をエアガンで撃ったな〜」なんて、ヘラヘラと聞き捨てならない発言を。しかも「二十歳過ぎるまでやってた」とか、信じられない大人気のなさ。

コイツに撃たれた猫たちがかわいそうで、考えるたびに涙が浮かびます。しかもこのボーイ、私に客を付けるわけでもなく、いつもヘラヘラヘラヘラ。

なので、通勤途中の猫たちに、こんなひどいボーイがいるとお話して、ちょっと呪い続けてやりました。

するとある日、そのボーイが出勤せず、ちょっと店が混乱。なんと彼、スクーターで通勤中に車にぶつけられてコケて、しかも逃げられたのだとか。

数日後、帰り道にひき逃げの目撃者を探す看板が立っていました。しかもその場所は、私が可愛がっている野良猫たちの集合場所の近く! 呪いが通じたのでしょうか……。そのボーイがいなくなって、客付きもちょっと良くなりました。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (5)
    (2)
    (96)
    (4)
■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)