商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.334
猛暑日の、ストッキングオプションに要注意

東京都 つか 31歳
私がホテヘルで会った、もう勘弁して欲しい感じのお客様の話です。ある夏の暑い日、出勤して早々に一本目のお客様がつきました。ちょっと嬉しい気分になっていたところに、スタッフさんが変わった注文を……。

「ストッキングのオプションついたんですけど、ちょっと変わった人みたいで、蒸れたストッキングが好きらしいから、ストッキング履いたら遠まわりとかしてホテルに行ってください」

嬉しかった気分がちょっと下降。私は猛暑の中、ストッキングを履いて街をしばし歩きまわり、少し走ってお客様の待つホテルに着きました。

蒸れたストッキング好き……。まぁ、趣味が変わってるだけで意外と普通の人かも!とか、あわよくばイケメンだったらいいな、と淡い期待を抱いて指定の部屋へ。ドアをノックしてご対面すると、見た目は変じゃないけど、やっぱり究極に変わった人だったのです!

お客様は挨拶のあと、「いやぁ女の子の汗とおしっこが好きでねぇ」と笑顔。

ということで私はシャワーを浴びさせてもらえず、服も着たままプレイ開始です。しかも、プレイの最中は、お客様が求めることを「暴れるぐらいに拒否してほしい、何をしても暴れて嫌がってほしい」とのこと。

だからプレイが始まると、私は頑張って体を動かして思いっきり嫌がりました。でも、半端な拒否では納得してもらえず、本気で暴れるので汗がダラダラ&ひどい息切れ。そう、汗が好きな人なのでエアコンはつけず、部屋はものずごく暑いんです!

部屋が暑い中、私は服も脱がずに汗をダラダラ。服には汗がしみ込むし、暑くて熱中症ぽくなるし……。しかも、手コキは右手しか使っちゃダメ! 休みなしで手コキ! お客様がイッたあとは、私は完全に熱中症のようでした。

でも、満足したらしく「またお願いしますね」と次の予約をしてくれたので、私は特に気にせず営業用の電話番号を教えてしまったんです。すると、かかってきました変な電話が!

「本当は、先日のようなプレイを風俗じゃなくてプライベートでしたいんです」と、しきりに店外に誘ってきました。私は社交辞令を交えてやんわり断り続けたんですが、彼は何を勘違いしたのか、勝手にデートの日時と待ち合わせを決めてしまい……。

待ち合わせ場所から「今どこにいるんですか?」と電話してきたんです。私ははっきり断りましたが、「何時ごろなら大丈夫なんですか?」と交渉してきます。なんか、呼吸音が激しくなってきてキモいし!

そのとき私はちょうど検診で病院にいたので、入院していると嘘つくと、それからは連絡がこなくなりました。いま考えると、電話での私の拒否も含めて彼は気持ち良かったのかな?と思います。そして、入院というリアルな断り方で、冷めてしまったのかも……。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (47)
    (47)
    (50)
    (27)
■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)