商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.183
彼氏に置いてきぼりにされる最高の方法

埼玉県 マリー 22歳
私は、男の人と出かけると、いつも置いてけぼりにされます。

レストランに連れて行ってもらっても「この料理おいしくない」と聞こえよがしに言ったり、欲しかった服を買いにいくときになって、「やっぱりこれもう欲しくなくなった」とつき返したり、デート先でいつも私がぐずるからでした。

前カレと温泉旅行に行ったときは行き道で、私が「やっぱ帰りたい」って駄々コネて高速道路の高速バスのバス停で降ろされました。そのまま高速バスを2時間待ってやっと家に帰れたけど……。

だから私は、わがままを言っても、笑って許してくれる心の広い男性を探していました。そしてやっと見つけることができました。

それは不動産関係でお仕事しているU専務でした。お水をやっていたとき知り合ったバツイチ40代後半の男性で、私にベタぼれ。おねだりすれば何でも買ってくれる人でした。

ただでさえわがままな私はますます思い上がり、そんな財布の紐のゆるい彼にねだりまくって、海外や有名レストラン、ショッピングにどれだけ連れて行ってもらったかわかりません。

最初は夢のような生活でしたが、だんだん感覚が麻痺してきて、当然のように思えてきました。要するに飽きてくるんですよね。

こんな簡単にわがままが通ってしまうのが、かえっておもしろくありません。

なぜ文句ひとつも言わないで、わがままな私の言うことを聞くのか?

わがままを聞いてくれる彼に感謝するどころか、何でも私の言うことを聞く彼が憎らしくなってきたのでした。

そして彼に仕事を休んでもらってディズニーランドに行った時です。無理して休みをとってもらったにもかかわらず、入場してすぐに「疲れたから帰る〜」と私は駄々をこねはじめたのです。

さすがに温厚な彼も初めてブチ切れて「ふざけんな!」と私を突き飛ばし、そのまま後ろも振り向かず私を置いて帰ってしまったのです。その日はアンバサダーホテルに二人で泊まることになっていたのに……。

でも…そのとき私はなぜかとても心が満たされた気がしました。

一人になった私は、これ幸いとアトラクションを一人で楽しみまくり、エレクトリカルパレードを眺めながらとても開放されたいい気分でした。

翌朝、彼から電話があって「戻ってきてほしい」と言うから、「迎えにきてくれたら、戻ってもいい」と答えると、カレは仕事を抜け出して私を迎えにきてくれました。

結局、私のわがまま勝ちでした。でも最後はこんな結果だから、さらにわがままになっちゃうんです。結局U専務とはそれから数ヶ月で別れました。

私もいつまでも若いわけじゃないから、そろそろ妥協することを覚えたいと思いますが。叩かれるのは承知してます。でも、皆さんのなかには、私と同じ気持ちを経験したことがある方がいると思うんですが、どうですか?
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (57)
    (105)
    (23)
    (41)
■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)