商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.106
母子の怨念、血みどろショートケーキ

  
大阪府 ココ 21歳


私の危険な学生時代の話をします。

そのときは母と私はとても仲が悪くて、お互いに殺してしまいたいぐらい憎しみあっていたのです。


その日母親が、ケーキをお土産に買ってきたんですが、普通のショートケーキとスペシャルショートケーキの2つ。
当然、私のためにスペシャルショートを買ってきてくれたのだと思っていたけど、母は自分が食べる気満々で。

普通は子供にいいモノを食べさせるじゃない! ていうか、どうしてスペシャルショートを2つ買ってこないの?って話じゃないですか。その時点でバカですよね。

それが許せなくてブチ切れして、台所にあった包丁を母親に向けて投げつけたんです。

今考えると信じられないキレ方ですけど、まぁ私、そのとき荒れてたから(笑)。

そしたら見事母に命中してしまい、包丁が肩口に突き刺さったんです。そのときは殺そうと思って投げたから、気分がすっきりです。

でも母はそれにひるむどころかそしたら母は、その包丁を引き抜いて、逆に私めがけて思いっきり投げつけたんです。

母も本気で私を殺すつもりで投げ返したんでしょうね。
包丁は壁に当たって刃先がかけました。刺さったらマジ死んでたかもしれません。

包丁の刺さった母ですけど、包丁を引き抜いたときプシュ〜って血が飛び散ったんですけど、病院にもいかず治ってしまったようですね。本当に不死身です。

ケーキひとつでそこまで大喧嘩するくらいですから、そのとき母との仲は相当悪かったんでしょうね。

でも今となってはいい思い出です。信じられないほど仲がいいから不思議ですね。
本当親友みたいな関係になっちゃいました。あのときどっちかが死ななくて本当によかったと思います。

■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (31)
    (84)
    (29)
    (31)
■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)