商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.833
私がナンバーワンになった接客法!

東京都 ななえ 26歳
この仕事を始めた頃、たくさん稼ぎたいと意気込んでいましたが、全く結果につながらない時期がありました。

ぶりっこしてみたり、喘ぎ声をたくさん出してみたり、工夫してはみたものの、誰もリピーターにはなってくれず、頑張れば頑張るほど「私は女として魅力が足りないのでは……」と、自信を無くしていきました。

そんな状態が続いたある日、近所のデパートへ行った時の事。一度だけ覗いたことのある服屋があり、「またちょっと覗いてみるか〜」なんて軽い気持ちで足を運んだんです。で、気になる服を見ていたら店員が「その服、可愛いですよね〜」と話しかけてきました。

「うわー買う気無いのに。」と思い、逃げようとしたら「以前もこういうお色味試着されましたよね。やっぱりブルー系お似合いですね! 今日も自転車でお越しですか?」って笑顔で聞いてきたんです!

「え! 私の事知ってる!?前対応してくれた人だっけ!?」と、一瞬焦りました。

“その他大勢の中の一人の店員”が、“以前も話した事あるちょっと親しげな店員さん(←さん付けになってる)”になった瞬間、人って無視できなくなるんですね〜。驚きましたね〜。

塩対応で去るつもりだったのに「あ、そうなんですよ〜。今日も自転車です〜」なんて愛想笑いして。

さらに「その服、新作なんですけど、お客様に似合うだろうな〜って思ってたんです! よかったら試着だけでもしてみませんか? お客様の好きなVネックで、首元もスッキリみえると思います!」と言われた時は、正直感動すら覚えました。

「以前試着した服も、自転車で来たことも、Vネックが好きなことも覚えていてくれたの!?」と。

そして目から鱗が出たんです。「そうか人は自分に興味を持ってくれる相手に好意を抱くのか! 相手からどう見られるかばかり気にしていたけど、相手を見るべきだったんだ!」と気づいたんです。

その日以来、客の特徴や話した内容などを日記に書き留めることにしました。そして、次に来てくれた時には「来てくれてうれしいです! その後◯◯はどうですか? 以前教えてもらった◯◯やってみました!」など、覚えてましたよ! 会いたかったですよ! の空気を出したんです。

それがみごとに大成功! 先月、お店でランキングナンバーワンになりました!

ちなみに、例のVネックのブルー系の服、もちろん買いました(笑)。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (10)
    (3)
    (67)
    (0)
■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)