商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.538
ゆとり教育の成果? 金づるになる女たち……

神奈川県 美紀 23歳
今年の春からOLしつつ、学生のときからやってるソープ嬢も続けている女です。梅雨前くらいだったでしょうか。就職活動のとき、情報交換とかのために入ってたサークルのA子からこんな電話がかかってきました。

「話聞くだけで1万円もらえるバイトがあるんだけど、一緒に行かない?」

私は即座に「あんたバカー? 怪し過ぎでしょ」と返しましたが、A子は確かに1万円もらえると力説するのです。そのバイトは、私たちが入っていたサークルから来た話。

就活のサークルだったんですが、就職してからも互いに助け合おうということで、メンバーの就職先にお客さんのふりして行ってあげる、というバイトでした。

私は就職後はメアドとか変えたので、そんなくだらない情報が入ってくることはありませんでしたが、今回のA子を含めて何人かの女子とは連絡を取り合ってたので、冒頭の誘いを受けたわけです。

私の気持ちは、もう社会人なんだから、そういうサクラ的なことやめよーよー……でしたが、A子は就職先のお給料が少ないらしく、1万円がなんとしても欲しそう。一人で行けばいいのにと思いましたが、まあ私も仕事が暇(笑)なので、ついて行くことに。

さて、何をしたら1万円がもらえるかと言いますと、生命保険や医療保険の相談窓口で相談すればOK。サークルからの指令は、いいかげんな相談だとメンバーに失礼だから、「なるべくリアルに相談して」。

A子が相談窓口に予約してくれて、行ってみると確かに暇そうな会社……。保険会社というわけでなく、多くの保険会社の商品を扱っている代理店でした。

私は、当たり前ですがA子とは別の担当者につけられて保険の話を2時間ほど聞きました。正直、担当者はがする話には感心する部分もあって苦痛ではありませんでした。

相談を終え、私にピッタリと勧められた保険のパンフを見ながらロビーで待っていると、A子も笑顔で戻ってきました。二人で「けっこうためになったね〜」なんて帰って10日後ほど……。

A子から「お金が貯まるっていう生命保険に入っちゃったよ! 銀行に預けてるよりも、20年後は1.5割くらいお金が増えるってやつ」と電話が……。

私は言葉がありませんでした。A子よ、あんた何まんまと保険の営業にハマってんの……。保険買っちゃったらバイトでもらった1万円なんて吹っ飛ぶじゃん……。

あまりにもバカなので何も突っ込みませんでしたが、先日、このA子からまた電話が……。

「サークルの○○くんに紹介されてAVのバイト始めたんだ〜。ほかの子もけっこう稼いでてさ〜」

うーん、就活のときはまあまあ真面目なサークルだったんだけどな〜。多くのバカな人が集まると、いろいろとお金に変えられるんですね。サークルの上のほうのメンバーは、いいマージン稼いでるんでしょうね。

それ以上A子と連絡を取っているとめんどうなことに巻き込まれそう。なので、即座に着信拒否に設定しました。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (14)
    (28)
    (18)
    (27)
■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)